ひらめいたブログ

多汗症でうつ病・対人恐怖症もち。自分の時間を有効活用する方法を考えるブログ。

おもしろいことは特別なイベントだけでなく日常の中にもひっそりと隠れている

おはこんばんにちは、和匠(かずな)です。

 

f:id:kazunablog:20161221211146p:image

聖なる夜についついうたた寝してしまったしろくま父さん。クリスマスイブを楽しみに待つ子どもの元気に負けじとクリスマスツリーの飾り付けに奮闘したしろくま父さん。体を休めるためにソファーに腰を下ろしたらそのまま眠ってしまいました。

f:id:kazunablog:20161221211216p:image

そんな眠ってしまったしろくま父さんが風邪をひかないように暖かくぬくぬく眠ってほしいしろくま君。寝室から毛布をもってくることにしました。

f:id:kazunablog:20161221211230p:image

毛布をズルズルもってきたしろくま君。しろくま父さんに暖かく過ごしてもらいたくて、寝室からぬくぬく毛布をもってきました。

f:id:kazunablog:20161221211241p:image

しろくま君が暖かくなってほしい思いでもってきた毛布…、しかしその掛け方は顔がすっぽり覆ってしまうものでした。ぬくぬく暖かくなりますが少し息苦しくなってしまいます。しろくま君、毛布を掛ける時は首から下で掛けて下さいね。

 

クリスマス・イブ…

プレゼントに喜び、おいしいものを食べて楽しく賑やかに過ごす聖夜。サンタクロースに会いたい子どもにとって眠れない夜となるでしょうが、そんな子をもつ親は逆に子どものために頑張り過ぎて疲れてしまい、ついつい眠ってしまうかもしれません。昔のような底なし元気は大人になるとなくなってしまいます。大人になるとあの底なしの元気はどこにいってしまうのだろうか?

 

…この話は今日図書館でエントランスに設置してあるソファーでくつろぐ人を見て思いつきました。その場所はもうすぐクリスマスなのかクリスマスツリーやプレゼントボックスなど、それに相応しい飾り付がしてあります。毎年訪れる季節や行事に合わせて飾り付けをする人は毎年忙しいでしょうね。そんな人たちを混ぜ込んでみたお話です。

しろくま父さんが飾り付けで疲れて眠ってしまい、しろくま君が毛布を掛けるまではスッと浮かんできましたが、毛布はアイディアを少しひねってみました。足元から首元まで毛布で覆ってぬくぬくする場面を絵にしようとしましたが、少し抜けている方がおもしろいのではないかと思い、顔まで毛布をかぶせてみました。クスリと笑っていただけたら幸いです。

クリスマスを物語にするとよく聞くのがサンタクロースや聖夜など「特別な出来事」をお話にすることだと思いますが、そうでなくても日常の中にも楽しいことやおもしろいことがあると感じたのでそれを物語にしてみました。今後もそういった隠れオモシロを探していきたいと思います。

 

それでは次回また会いましょう。お楽しみに。