読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひらめいたブログ

日常の中で「ひらめいた」発見を楽しむ。 おもしろい作品を創作するブログ。絵描きLv.1

太眉を描くことで立派な顔立ちとなる!小さな犬も凛々しくさせる方法

絵描き 雑記

おはこんばんにちは、和匠です。

 

f:id:kazunablog:20161126173454j:image

チワワの顔を手に覚えさせるために、チワワの顔をたくさん描いております。これ以外にも描いていますがお気に入りのチワワは今のところ、写真に写っている下段の右から2番目の顔が気に入っています。理由としましては、和匠の頭の中で浮かんでいるチワワと似ているからです。

本当は好きな犬種は柴犬なんですが、チワワを描いているのはたまたま寄った100円均一店でチワワのカレンダーを見かけた時に「チワワもいい顔してるな」と思ったのがキッカケです。こういうひらめきといいますか、直感で絵を描いた方がおもしろいものができると和匠は考えています。

で、描いてて感じたのですが小型犬でも太眉があれば凛々しくなるということに気づきました。中型犬や大型犬のなかには凛々しい顔立ちをした犬はいますが、小型犬にはそういうのって見かけませんよね?さらに身体の小ささもあってか、やはり怒っても可愛らしい顔立ちになっていると感じてしまいます。まぁそれがチワワの人気につながっていると考えています。

しかし、そんな愛らしいチワワをはじめとした小型犬たちも、太眉を描けば頼もしい犬に変わります。実際に見てもらいましょう。

 

 f:id:kazunablog:20161126180330j:image

はい、一応これでもチワワです。リスとかネズミのような小動物だと思わないでください。はじめて描いたチワワなので、いろいろ変なところがあっても温かい目で見てください。まぁそれよりも重要なことは太眉です。

 

…いや、もうこの際、この動物がチワワやリス、ネズミでもなんでもいいです。とにかく、太眉がないこの絵から「凛々しい」や「立派」といったものを感じとることができるでしょうか?和匠にはできませんでした。その理由は簡単です、太眉がないからです。

なぜなら顔の表情は目や口だけでなく、眉毛も使って表情を表します。それがないと、喜怒哀楽の感情のうち、どれかを抱いていても相手に伝わりにくいことになってしまうからです。眉毛をないがしろにしている方、今後は偉大な存在だと捉えて大切にしてください。

 

では次に太眉があるチワワを見てもらいましょう。こちらは色付きです。

 

f:id:kazunablog:20161126174939p:image

 黒いチワワ

 

f:id:kazunablog:20161126175056p:image

ベージュのチワワ 

 

いかがでしょうか?「キッ」という効果音が聞こえ、気迫のある目つきになっているでしょう?小さくてもお前なんかに負けないぞ!」という気概を感じさせる顔つきではありませんか。

こうなっているのはなぜか?理由は簡単ですね。そうです、太眉があるからです。そしてもう1つ大事なことがあります。それは眉毛の角度です。

人間も目つきを鋭くさせるために目を細くするだけでなく、眉毛も使います。相手を睨みつける場合、眉毛は顔の中心側を下げて、耳側は逆に上げることで気迫さが向上します。これは犬も同じことなのです。

この太眉を活かせばどんな愛らしい小型犬、小動物だとしてもまるで猛獣を思わせる風格を手にすることができるのです。強い動物を描きたいのになんだか弱々しいな…、そう思う方は是非とも太眉を描いてみてください。

 

それでは次回お楽しみに、またね。