読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひらめいたブログ

日常の中で「ひらめいた」発見を楽しむ。 おもしろい作品を創作するブログ。絵描きLv.1

あなたが大人でもつい手に取ってしまう!思わずヨダレが出てしまう絵本

絵描き 書評

おはこんばんにちは、和匠です。

突然ですが皆さん、好きな菓子パンはあるでしょうか?和匠はあんパンが大好きです。この世にはメロンパン・クリームパン・ジャムパン・カレーパンなど数多くの菓子パンがありますが、その中であんパンがトップでございます。フワフワのパンに甘さが効いてるあんこの組み合わせ…最初にこれをつくった人はいい仕事をしてくれました。

逆にカレーパンは苦手だったりします。正確には辛さが強いカレーパンが苦手です。理由はもちろん辛いのがダメだからです。舌が痛くなるものを食べさせるなんて、嫌がらせにしか思えません。

 

…さて、こんなことを言い出したのは図書館でこんな本を見つけたからです。

f:id:kazunablog:20161117174657j:image

普段絵本で見るパンは、まん丸の円形に原色をたっぷり塗り込んだ「おいしくなさそう…」なパンなのに、この本は逆に「おいしそう!」と感じた絵本でした。読んでみると和匠の好きなあんパンやカレーパン、メロンパンにクリームパンなどたくさんの菓子パンの絵がありました。もちろんどれもおいしそうでしたよ。

食欲をそそる絵柄なので親子で「コレおいしそう!」と言ったり、「今度これを食べにいこう!」なんて会話を楽しむことができそうですね。パンの絵・名前と「どうぞ」に「ぱく」という言葉だけで物語が進んでいきますが、次は何が出るかと思ってページをめくってしまいます。不思議なおもしろさをもっていますね。

ちなみにこの本に描かれているパンは全てなんと木版画というものをつかって、描かれているようです。木の板に彫刻刀を使って凹凸をつくり絵の具を塗って、そこに紙を載せて印刷するようです。木目でこんなにもおいしそうなパンができあがるとは驚きました。

f:id:kazunablog:20161117153657j:image

改めて木版画で描かれたパンを見ると全て食べたくなりますね!

 

 

f:id:kazunablog:20161117155632p:image

……でもまぁ…やっぱり和匠はカレーパンの扱いには気をつけたいですね。

f:id:kazunablog:20161117153733j:image

カレーパンのあんとなるカレーには、ほんのりとした辛さから口の中で針が転がるような辛さがあります。なので、普通のカレーパンだと思って安易に食べてしまうと痛い目というか、辛い目にあいますので、カレーパンは慎重に選んだほうがいいかもしれませんね。

 

 f:id:kazunablog:20161117155647p:image

でないと、こんな風に舌を冷水で舌の辛みを取り除(冷却?)かないといけないことになっちゃいますよ。まぁこんなことになるのはそうそう無いと思いますが、シロクマくんにはキツイ食べ物だっかもしれません。辛さが気になる人はこのようなことにならないためにカレーパンの辛さには気を使いましょうね。

 あと冷めてるからといって、電子レンジで温めすぎてアツアツのカレーパンも危険なので慎重に食べてくださいね。そんなことを想像させてくれる「パン どうぞ」いかがでしたでしょうか。

 

それでは次回をお楽しみに、またね。