読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひらめいたブログ

日常の中で「ひらめいた」発見を楽しむ。 おもしろい作品を創作するブログ。絵描きLv.1

絵本「なんでもかけちゃう」で絵描きがおもしろくなる3つの理由

絵描き

どうも皆さん、おはこんばんにちは。

f:id:kazunablog:20161116160127j:image

ノリノリな曲と共に踊っております、和匠です。

昨日借りてきたエンバリーおじさんの絵描き絵本なんでもかけちゃう」で、ある意味ロボットダンスを描いちゃいました。簡単でわかりやすい絵の描き方のおかげ、すぐにこれを描けましたよ。絵心なくてもそれなりのものが描けるのは、とても楽しいものですね。

f:id:kazunablog:20161116172105j:image

 いろんな絵を眺めていたり描いたりしてて感じたことなんですけどね、この本は「大人でもおもしろい」ということに。一応本書は「児童向き」という扱いですが、大人も読んでみる価値はありますよ。貸し出しの時に司書さんの顔色が気になりますが、子供がいない大人でも堂々と借りてしまいましょう!少なくとも、和匠はそうしました。

それでは、大人でもおもしろい理由を本書の言葉を引用しながら、3つに分けて書きました。

絵を描く楽しみがわかる

どんなかき方でもいい。絵をかく喜びをしり、達成感を味わえば、さらにいろんな絵がかきたくなるはずです。

本当に楽しいですよ、自分が描きたいものが描けるのは。和匠自身、絵が下手だな〜と感じる時はだいたい思ってたものとは違うものを描いてしまうなんですよ。そして下手な絵を見て「これ以上描いても意味ないな」と思って絵描きを止めてしまいます。非常にもったいない。

絵描きは想像したものを現実に変える力のおもしろさを教えてくれます。絵描きは筆と紙があれば誰でもできることなので、どんどん挑戦していったほうが絶対に良いです。そうすれば絵を描く楽しみに気づけます。

形の基本を勉強できる

このかきかたは、これからもずっと絵を勉強したいという人のための基礎にもなりますし、なによりよいのは、このかきかたでかいているうちに、だんだんと手をくわえていって、もっと複雑で本格的な絵をかいてみたくなることでしょう。

非常にシンプルゆえにものがどうゆう風になっているのかがわかりやすいです。「○・△・□・ー」といった単純な図形から教えてくれるので、無駄のない素朴な絵でも何を描いているのかがよくわかります。そこを足がかりに複雑でリアルな絵に挑戦していってはどうでしょうか?

組合せで描くと広がる世界

最初の絵は本書にあったロボットと和匠のコラボレーションです。まだ複雑でリアルな絵で描くことができない時に使えるオススメの技です。もちろん、本書にある様々なものを組み合わせるのもいいですが、自分のオリジナルの絵も取り入れてみてはどうでしょう?和匠はそうしました。

そんな感じで和匠と組み合わせていくと…

 

掃除機

f:id:kazunablog:20161116172210j:image

写真撮った時に気付いたけど、コンセント抜けてるからこれでは掃除機としての機能が働きませんね。何やってだろ和匠は…。掃除機を使用している絵を描く時は同じようなミスをしないで下さい。

 

スクーター

f:id:kazunablog:20161116172217j:image

 和匠はよく原付バイクに乗っているので、スクーターの絵を描いてみました。

f:id:kazunablog:20161116172229j:image

荷車を引っ張るシロクマ。きっと、近くにある食べ物をここに載せて家に帰るのでしょう。

…こんな感じで、いろんな絵を組み合わせて絵描きを楽しんでみてはいかがでしょうか。絵の勉強にもなりますし、ブログをやっている人には記事が華やかなものになるかもしれませんよ。

 

それでは次回をお楽しみに、またね。