読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書

原点回帰する「ブログ運営×集客×マネタイムズ人気ブロガー養成講座」

最近、記事を毎日書くことだけを考えているが、中身がメチャクチャ薄っぺらいものになってしまっている。スランプだと言えばカッコはつくが普通に見れば怠けている。しばらく読んでいなかったがもう一度「ブログ運営×集客×マネタイムズ 人気ブロガー養成講座…

当たり前に存在するものが凶器となる「いつものパンがあなたを殺す」

強烈なタイトルに惹かれて借りてきてしまった。「殺す」という表現。それは誰がやるのかというと「パン」だと、ハッキリと示している。どうやってパンで人を殺すというのだろうか? パンの歴史は長い。調べてみると日本にパンがやってきたのは西暦1543年、元…

成功を収めるために自分がやるべきこと「自助論」

150年以上前にイギリスで出版された書籍がなぜか今も読み継がれている「自助論」という古典である。これまで古典というものをまともに読んできたことがない和匠であるが、この本は難しい言葉や大量の文字をこれでもかと詰め込んだ内容では無いので、良い機会…

パンづくりどないしよう「2週間で体が変わるグルテンフリー健康法」

最近パンづくりをはじめた和匠であるが、その材料にもなっている小麦が人体に悪影響を与えていると主張するこの本。しかも何の因果か表紙にはベーグルという、和匠がよくつくるパンを貼り付けてあった。ここ数週間、やたら気持ちがだだ下がりなのはもしかす…

久しぶりのシロクマくんの絵描きだよ「ノラネコぐんだんパンこうじょう」

「ノラネコぐんだんパンこうじょう」 ノラネコぐんだんが美味そうなパンをつくるワンワンちゃんの腕前を見て、自分たちも美味しいパンをつくろうとします。勝手にワンワンちゃんのパンこうじょうを使って。完全に悪党です。 パンは和匠もつくりますのでわか…

パンがつくりたくなる絵本「ノラネコぐんだんパンこうじょう」

ノラネコ達と同じように美味そうなパンにつられてこの「ノラネコぐんだんパンこうじょう」の絵本を借りてしまいました。特にパンの焼き目色が食欲をそそります。最近、パンをつくりたいという欲求が突如として湧いてきたのも、この絵本を借りた要因なのかも…

そもそもなんで本読まないといけないのか「本を読む人だけが手にするもの」

昔から読書は勉強のために良いと聞いてきましたが、具体的に読書の効果効用を伝える言葉が浮かんできません。せいぜい「役に立つ」程度の言葉ぐらいでしょう。 読書の意義がわからないまま書評や読書感想などの記事を書いてもコピペと同様に、ただの書き写し…

うまく本質を抜き出せるようになりたい「世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド」

ビジネス書の紹介や書評に関する本やサイトはちらほら見かけることがありますが、それを4コマでやってるのはこの本ぐらいでしょうな。この本自体古いものだが(2010年)『4コマ』という珍しさから、図書館で借りてきました。和匠はちょくちょく絵描きをやっ…

【ライフハック】時間の利用・積み重ねで読書を習慣化

今日、読書を習慣にするための方法を見つけるためにネットサーフィンしていたところ、このようなものを発見しました↓ ここにあるタイマー付きのしおりわざわざ買うつもりはありませんが、このサイトにある… タイマーを使って毎日一定時間、本を開くという手…