ひらめいたブログ

多汗症でうつ病・対人恐怖症もち。自分の時間を有効活用する方法を考えるブログ。

膝の痛みを抑える事ができるテーピングの使ってみた

f:id:kazunablog:20170617215522p:image

f:id:kazunablog:20170617215451p:image

f:id:kazunablog:20170617215459p:image

f:id:kazunablog:20170617220046p:image

多分テープを外す時、毛がテープにくっついてるのに無理矢理外したのが原因だと思う。何本かテープにもってかれたし。

それはそうと、歩くと出てくる右膝の変な感覚がテーピングのおかげでかなり良くなった。20分ほど歩いたが、何の問題もなく歩ける。

今回はウォーキングだけだったけど、ジョギングにも使える可能性は大きい。明日やってみるか。

 

興味も関心ない価値観「灰色の世界」で見つけた「青い世界」

f:id:kazunablog:20170616211729p:image

f:id:kazunablog:20170616211741p:image

f:id:kazunablog:20170616211752p:image

f:id:kazunablog:20170616211801p:image

最近晴れていても黄砂なのか光化学スモッグなのかよくわからないが、空に変なモヤかかっている事が続いていた。でも今日は久しぶりそんなモヤのない青い空を見ることができた。そんな日に上を向いて歩くと不思議と気持ちが良くなる。

もしかすると「うつ」と「空」には何か関係があるのかもしれないと思ってネットで調べてみると、どうやら空を見上げる体勢は「気道が確保され、深い呼吸ができて心が落ち着く」という効果があるそうです。

うつ病の人は猫背のように悪い姿勢でいる事が多いらしく、呼吸しにくい体勢で1日を過ごしているようです。確かにたくみも下を見ている事が多いですし、そのせいか最近は首や肩が凝っていますね。猫背は肺を圧迫するような姿勢なので、心だけでなく体も疲れてしまう形のようです。

でも、空を見上げる事で肺にたくさん酸素を取り入れる深い呼吸ができ、心を落ち着かせる事ができるようです。うつむく生活が多い人は空を見上げて、ゆっくりと深呼吸をすると気持ちが良い方向へ切り替える事ができますよ。

うつで頭が働かない時になぜか無性に辛いものが食べたくなる正体

f:id:kazunablog:20170614205055j:image

f:id:kazunablog:20170614205100j:image

f:id:kazunablog:20170614205115j:image

f:id:kazunablog:20170614205123j:image

思考もやる気も動かない。それも、本能である「食欲・性欲・睡眠欲」までもが全く働かなくなってしまった時に、無性に辛いものが食べたくなる時があります。最近それが頭の中でうごめく事が多々あります。

何一つ欲求や選択ができなくなっている時にそんな思考が現れると、

「これはうつが薄れていて、良くなっているのでは⁉︎」

と、考えました。ワクワクしながらネットで情報収集して調べてみると、実際はむしろ悪い状態だったのです。

  • ストレス発散
  • 栄養不足
  • 疲労困ぱい

…良いこと一つもないじゃないか…。また悪い方へ悪い方は考えてしまいそうな事実。

でも考えようによっては、「辛い(からい)」という刺激で今の状態から抜け出そうとしているなら、脳がこの状況から「抜け出したい」という願望を持ち始めていると解釈できる…のではないだろうか。いや!そう願いたい。

だったら本当にうつに効く食材をムシャムシャ食べるという方法を探してみますか。ウォーキングによる運動治療と合わせれば、心身ともに健康になるでしょう。いろいろ試してみましょう。

膝を痛めてしまった日頃運動不足な人にオススメな「テーピング」

f:id:kazunablog:20170613214640j:image

f:id:kazunablog:20170613214949j:image

f:id:kazunablog:20170613215001j:image

f:id:kazunablog:20170613215009j:image

 

「テーピング」というものを発見。相撲中継でよく見かける力士の膝をグルグル巻きにしている包帯みたいなやつです。あれで膝の負担を減らすことができるみたい。早速やってみたいのですが、自宅にそんなものは置いてなかったので湿布で代用できるかやってみると…

 

膝がマジで楽になる!

付けてビックリ。膝が楽になっていました。動かしてみても痛みはなく、動きもスムーズ。これは使えると直感で感じました。

しかし、湿布の粘着性では長時間の固定はもちろん、10分も経たずに膝から剥がれてきました。もともと湿布には強力に肌に張り付く接着性がありませんからね。テープや包帯で固定してますし、しょうがないですね。

やはりテーピングするにはそれ専用のものを使わなくてはいけませんね。どっかで安く売ってないかなぁ…。膝が痛い。

読む価値のあるブログのコンセプトを生み出す重要性と大変さ

前日の記事に今日中に当ブログの方向性を決めるコンセプトを考えると宣言しました。コンセプトは自分の好きな事や得意な事、気になる事などから引き出そうと頭をひねりにひねった。それはもう知恵熱が出るくらいに。

しかし、難しい。必死に考えても立派なコンセプトを捻り出せない。読者に共感してもらえる、読みたくなるコンセプトって何だろうか?

いろいろ考えていると自分は今、うつ病に悩んでいる事を思い出した。多汗症という暑くも緊張も無い状態なのに、とにかく手の平と足の裏から大量の汗をかいてしまう症状のせいでこうなってしまったのだ。多汗症のせいで嫌な事しか考えられない状況に常にいます。

そんな事があったせいか他人の顔色ばかり気にしてしまう人生が多かったので、そこから抜け出すための「自分の時間を有効活用する方法を考えるブログ」というものを考えてみた。

うつで苦しんでばかりいても時間は確実に進んでいる。だから悪い事に集中するよりも、心と身体に良い事に繋がる活動をしたい。もっと有意義に人生を楽しみたいという気持ちから頭に浮かんだコンセプトです。

ただいつもの悪い思考で、本当にこのコンセプトでいいのか悩んでしまう。とはいえ、考えてばかりで動かないより、ブログを書きながらコンセプトの軌道修正をしていく方が良いかもしれない。下手に考え過ぎて動けないよりかは遥かに健全だと思うようにしてみます。

うつ病で苦しんでいる人は日本だけでなく世界の社会問題になるほど世の中にたくさんいるので、このコンセプトでブログをやっていきたいと考えました。

ブログのコンセプトを見直そうと考えています。

最近、当ブログを立ち上げた時に掲げたコンセプトである「おもしろい作品を創作するブログ」をそろそろ見直そうと考えています。掲げたコンセプトが抽象的だったせいで目標や目的を見つけづらく、行動に移し辛かったのが理由です。

今までのような漠然としたものではなく、もっと具体的なコンセプトを掲げないと毎日の習慣のような行動にならないと思います。何らかの作品をつくりたいという思いはあるがそれは「何のために」「どんな風に」などといった疑問にハッキリと答えれるモノにしないと将来性が見えません。

具体的な行動となる目標をつくるために、コンセプトを明日までに見直します。

マンモス描いたら頭に毛の生えたコロッケが出来上がった

f:id:kazunablog:20170425223512p:image

何でだよ。

f:id:kazunablog:20170425223518p:image

あと、シロクマは普通に描けた。